消費者金融審査甘い

最終更新日2014.3.25

※闇金融などの違法業者は取り扱っていません

多重債務者でも融資可能

多重債務といってもピンからキリまでありますが、通常は借り入れ件数が5件を超えると多重債務者扱いとなります。そのくらいの債務になると、毎月の支払いを自分の収入で支払うことは困難になってくることから、新規の融資を受けてそのお金を支払いに回すようになります。これを自転車操業と呼称しますが、実際は単なる時間稼ぎに他ありません。徐々に金利が増えて元金を雪だるま式のように膨らませ、いずれは支払い困難に陥ることは火を見るより明らかです。したがって、自転車操業をする目的でお金を借りることは、無駄の極みといって過言ではないでしょう。借りて借金を膨らませるくらいなら、自己破産をしたほうが余程前向きな選択かと思います。ただ、将来的に必ずお金の入金があって借金を支払える人は、一時的に借り入れをしても問題ありません。そういった方は、多重債務者でも借りれる専門業者が星の数ほど存在しています。中小の消費者金融より更に小規模の通称「街キン」と呼称される業者ですが、規模こそ小さいものの法定金利内で融資をしていますし、審査基準も激甘です。借り入れ件数が7件でも審査に通してくれる業者や、専業主婦でもお金を貸してくれるキャッシングローン会社も存在します。
クレジットカード無利息ローン準大手信販会社

絶対借りれる消費者金融

絶対お金を借りるという意味は、絶対審査に落ちないということです。審査に落ちないためには、審査基準をクリアする必要があります。キャッシング会社には独自の審査基準が設定されていますが、審査項目はどの金融機関とも同じようなものです。収入、借金、過去の履歴などが主な審査項目となります。過去の借金履歴では、信用情報センターへ問い合わせをされて、過去のデータを照会されてしまいます。もしも過去に自己破産や、支払いの遅延を繰り返していれば、事故情報(ブラックリスト)として登録されていて、ブラックになるとどの消費者金融でも審査に通らなくなってしまいます。それほどブラック認定は強いということですが、どうしてもブラックでも借りたいなら貸金業登録をしていない非合法業者(闇金融)を訪問する以外にないでしょう。闇金融は非合法業者なので、法定金利も守るはずがなく、上限金利の18.0%以上の金利を覚悟しなくてはならないし、万が一支払いが遅延すると厳しい取り立てが待っています。

大手消費者金融

銀行系列の大資本で低金利での融資が特徴。審査基準は甘くないので多重債務者には高嶺の花。
0

中小消費者金融

大手五社以外の金融会社、審査が大手ほど厳しくなく、借りやすい。消費者金融審査甘いのが特徴。
0
借り入れ件数5件以上 借り入れ件数6件以上
返済計画
サラリーマン金融
サラリーマン金融とは一昔前の消費者金融審査甘いの名称です。通称「サラ金」と呼ばれていましたが、一時期厳しい取り立て行為 が社会問題となったことから、イメージ悪化を危惧した業界が消費者金融と名変したのです。したがって、名前は変わってもやっている ことは同じことで、お金を必要としている顧客にお金を貸して営業利益を上げているのです。今世紀に入ってからは、大手銀行系が 資本参加したことで、銀行業界が消費者金融の中心に位置するようになっています。個人向けローンのノウハウを保有していなかった 銀行業界ですが、大手消費者金融を吸収合併することで、そのノウハウを獲得してしまったのです。特に彼らが欲したのが、信用情報 機関の個人データです。今まで銀行は消費者個人の信用情報データを保有していなかったことから、長年の営業で積み上げていた消費者 金融業界のデータを虎視眈々と狙っていたのです。